バラ・オリビアローズオースチンの育て方

TOP > バラ科 > 更新日

バラ・オリビアローズオースチン(イングリッシュローズ )

バラ・オリビアローズオースチン
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Ausmixture
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

栽培の特徴

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正概要
バラ・オリビアローズオースチンはバラ科バラの品種。2014年に発表されたイングリッシュローズの品種。イングリッシュローズの生みの親であるデビッドオースチンの娘の名前を冠したバラ。

四季咲き性で淡いピンクのカップのツボミが徐々にシャローカップのロゼット咲きになる。鉢だと秋に咲きにくい性質だが、株が充実していると秋も咲く。葉の色が濃い。樹形はコンパクトにまとまりやすい。紅葉する。強いフルーツ香がある。虫には多少はかじられるが耐病性があり、イングリッシュローズの中ではかなり強い方で2019年現在で最強らしい。黒星病・ウドンコ病に強い。その代わり、夏の暑さに弱く、花持ちが悪い。それでも初心者向きで育てやすい。シュートが伸びる。
冬に樹高の半分を目安に切り戻す。
性質四季咲き・返り咲き 耐病性 鉢植え 花壇 初心者向き
樹高100cmから150cm横幅80cmから100cm
樹形シュラブ樹形・半直立性
作出者デビット・オースチン

育て方の詳細はイングリッシュローズを参考に。
管理用リンク
管理用