家庭菜園で栽培できるコスパの良い野菜TOP10

TOP > ガーデニング基礎知識・雑学一覧 > 更新日

家庭で作ってコスパの良い野菜TOP10

家庭で作ってコスパの良い野菜TOP10
文章の修正育てやすい野菜、ではなくて家庭菜園で育てたときに「コスパの良い」野菜です。作業に対して得られるものが多いか(価格と量)という意味でのコスパです。育てやすくても、スーパーで安く売っているものは別枠で取り上げています。
まとめ
ニンニク(手間がかからずコスパよし)
トマト(手間はかかるがコスパがよい。というかスーパーが高い)
シソ(普段から食べてるならコスパよし)
空芯菜(普段から食べているならコスパよし)
ツルムラサキ雲南百薬草(オカワカメ)…おいしくないが、食べるならコスパよし)
小松菜初心者向きの家庭菜園の野菜で収穫が早い)
インゲンマメエンドウマメササゲ(次々収穫できる)
●ネギ(手間はちょっとかかるが、あれば使うので便利)
●ナス(簡単にできて手に余る)
キュウリ(簡単にできて飽きるかも。でも一度は作る野菜)
ジャガイモサツマイモタマネギ・トウガラシは育てやすいが、スーパーでも十分安いので手間を考えると買った方がよい。

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

コスパの良い代表野菜

ニンニク

コスパの良い代表野菜
文章の修正ニンニク
国産のニンニクは高い。ニンニクは庭に植えっぱなしで簡単に増えるので、畑があるならニンニクのコスパは良い。プランターでも育つが、畑なら水やりもほぼ不要でなおのこと楽。ただし、外国の安いニンニクで不満のない人は別にコスパはよくない。スーパーで外国産のニンニクを買った方がいい。
植え付けるときの最初に良い苗を買うこと。収穫まで時間がかかる(9月に植えて6月に収穫)ので、時間がかかる部類。

トマト・ミニトマト・プチトマト

文章の修正トマトミニトマト・プチトマト
コスパがいい、というよりもスーパーのが高い。病害虫(サビ病など)は多いが野菜としては育てやすくて大量に収穫できる。ただ色々とコツがあって、安定して収穫して美味しく作るには勉強が必要。ナス科植物と連作障害を起こすので植え付ける場所・土に注意する。トマトの育て方は各人にこだわりがあってかなり違いがある…ってことは誰が作ってもそれなりのものができるってことです。特にミニトマトは簡単。

紫蘇(シソ)・大葉

文章の修正紫蘇(シソ
スーパーで買うと意外と高いが、庭植えでもプランターや鉢でも育てればいくらでも増えるし、香りも強い。赤紫蘇ジュースにするなら育てると高コスパ家庭菜園材。パスタに入れても。ただし虫に結構食われる。

ツルムラサキ・オカワカメ

文章の修正ツルムラサキ雲南百薬草(オカワカメ)
ツルムラサキは病害虫に強く、春に植えて秋まで放置で収穫できる一年草。オカワカメは宿根多年草で毎年放置でいくらでも増える。食べきれずに繁茂して邪魔になって引っこ抜くことも多い。一般的な評価は「マズイ」が栄養価は高い。一回は試してもいい。

空芯菜(クウシンサイ)

文章の修正空芯菜(クウシンサイ)
育てるのは簡単だけど、そんなに食べたいものでもないので持て余す。普段から食べている人にとってはコスパはよい。5月から7月に苗を植えて秋まで収穫する。スーパーで売っている空芯菜から挿し穂を作って植え付けても増やせる。水を好み、乾燥が苦手。10度以下になると寒さで枯れる一年草扱いの植物。

小松菜

文章の修正小松菜(コマツナ)
家庭菜園ではポピュラーな初心者向けの葉野菜。発芽から収穫まで一ヶ月から二ヶ月と非常に早いのが良いところ。スーパーで売っている小松菜でも根がついたものなら土に植えると新芽が生えてくる(それが美味しいかどうかは別問題)。冬の寒さに当てると美味しくなる。

インゲンマメ(サヤインゲン)・エンドウマメ(キヌサヤ)

文章の修正インゲンマメ(サヤインゲン)・エンドウマメ(キヌサヤ)・ササゲ
スーパーで買うと意外と高く、育てると収穫量がある。初心者向きの家庭菜園の葉野菜。インゲンマメは春に植えて初夏から夏に収穫。エンドウマメは秋に植えて越冬させて春から秋に収穫する。ササゲは春に植えて夏に収穫する熱帯性のマメ野菜。

ネギ・ニラ・エシャロット

文章の修正ネギ系(ニラ・ネギ)
肥料が必要で、水切れを気にしないといけない。ネギ坊主(=ネギの花)を取り除かないといけない…と結構手間がかかるが、そこが気にならないなら長期間収穫が可能。ネギは食材としてコンスタントに利用するのでコスパはいい。スーパーで野菜として売っているネギを植えて二、三回収穫するは手間もかからずコスパが良い。

ナス(茄子)

文章の修正ナス(茄子)
すんごい採れる。そんなに食うかってくらい。育てるのは簡単だが、そこまで食べないので持て余し、近所に配ることになる。でき過ぎて7割がた捨てるって人もいる。初心者が作ってみるには良い。

キュウリ

文章の修正キュウリ
瓜科の一年草。大量に収穫できるし、夏に収穫して冷やして食べると美味しい。キュウリは料理の種類も多く、単品でも美味しいので消費は追いつくが、何回か育てたら飽きることが多い。

家庭で作ってコスパの良い野菜

次点

文章の修正トウモロコシ
採れたては非常に甘い。コスパは悪いがこの「採れたて」のおいしさは家庭菜園の醍醐味と言っていいレベル。
ラッキョウ
コスパはいい。手間がかからず肥料がなくても育つ。ただし収穫まで時間がかかる。
オカノリ

ゴーヤ
1株で大量にできるが、食べきれない。
ブロッコリー
スティックブロッコリー・鈴なりブロッコリーなどなら植えっぱなしで収穫できる。そんなに食うかどうかは別問題。
オクラシシトウ
水さえ切らさなければ、たくさん収穫できるが、おいしく食べるには収穫のタイミングがシビアで経験が必須。でき過ぎて半分くらい捨てる。葉っぱが黄色くなったら
葉っぱが黄色くなるのはマグネシウム不足です。苦土石灰を追加して補給します。苦土石灰は苦土(=マグネシウム)と石灰が一緒になったものです。苦土石灰を株の周囲にパラパラと撒くか、苦土石灰大さじ1を1リットルの水に溶かして、二回に分けて一週間おきでやる。
●植え付け前に土に苦土石灰を混ぜておく。一般的な培養土には最初から含まれています。

レタス
意外と虫がつかない。
ニンジン
畑があればいい。葉も食べられて、根も食べられるので育て甲斐がある。
ズッキーニ
収穫時期は巨大な実が大量に採れるが、日本人はズッキーニが好きじゃない。ラタトゥイユやパスタに入れて食べる。人によっては大好きなので、もっとズッキーニ料理が流行すると上位に食い込めるかも。
山椒
消費する料理が限られているが、育てるのは簡単。アゲハ蝶が卵を産み付け、丸裸にされる。
モロヘイヤ
病害虫は少なくて、よく増える。味の好みが別れる。根を引っこ抜くのが大変。
サニーレタス・ベビーリーフ
レタスの類は病害虫に(意外と)強い。
春菊
脇芽を収穫していくと長期間食べられる。ただし、肥料を必要とし、人によって味が苦手かも。害虫は発生しづらい。
パクチー
簡単に大量に育つが味にクセがあって好みが分かれる。春夏は開花し、味が落ちるので秋以降に種まきするといい。
イチジク
放置で収穫可能だが、夏に果実が腐る。
アイスプラント
虫もつかないし美味しいが、あんまりメジャーじゃない。
ミニ白菜
ナメクジ被害が多い。
カボチャ
栽培は可能だが、育てるのに面積が必要。

補欠

文章の修正カキチシャ、ミョウガ、ササゲ、里芋(サトイモ)、かき菜、カブ、カラスノエンドウ

大量にできるがスーパーで安く売ってる

文章の修正
タマネギ
コスパがいいが、スーパーで安く売っているので作業を考えると魅力がないというか他のものを作った方がいい。

ジャガイモサツマイモ
コスパはいいがスーパーでも安い。作業の大変さを考えると別の野菜を作った方がいい(と作った人は思う)。

トウガラシ
育てるのは簡単。ベランダ家庭菜園でも十分収穫可能。ただし、スーパーで安く売っているし、消費量が限られるのでコスパは良くない。

タケノコ
タケを管理できるなら悪くないが、無理。国産タケノコって効果だからコスパはいいが、繁殖力が強い植物植えてはいけない植物なので、植えない方がいい。

ピーマン栽培すると沢山できるが、そこまで食べない。人によっては半分は捨てることになる。スーパーで売ってるのも安い。作業の手間を考えると買った方がいい。栄養価を考えるとコスパは良い。
管理用リンク
管理用